読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

progyu88

YouTubeの投稿体験談、芸能情報とスマホアプリを書きます。

【ライフハック】 なぜ、右利きの僕が左手でマウスを使うのか?

左手マウス

http://commons.wikimedia.org/wiki/File

みなさんは、PCを使うとき、マウスとキーボードのショートカット どちらをメインにして使うことが多いですか?僕は、マウスをメインにして、ファイルの保存、コピー、貼り付け、切り取りはキーボードのショートカットを使っています。ただし、ある理由からマウスは利き手ではない左手で使っています。

そこで、今回は、PCでマウスを使うときに”利き手でないほうでマウスを使ったほうがいい理由”を紹介します。

利き手を使わないマウスのメリット

・利き手を自由に使うことができる
もっともわかりやすいメリットは、これです。キーワードは、「ながら操作」。食事をしながらPCを使っているとき、利き手では箸を持ちます。すると、普段マウスを持っている利き手がふさがってしまうため、箸とマウスを持ち替えなくてはなりません。しかし、利き手でないほうでマウスを使えば、茶碗を持つこと以外は、利き手で箸を持ち小皿から食べることができます。

メモをするときも同様です。利き手でマウスとペンを持ち替えるよりは、利き手でペンを、利き手でないほうでマウスを使ったほうが便利です。このように、利き手を自由に使うことができるのが利き手を使わないマウス操作のメリットです。

アレンジをする

僕は、左手マウスをするときに「右手で使うときと、機能をそのままにする」というアレンジをしています。マウスを左手に持ち替えるとき、右手で使っていた機能を逆にすることができます。逆にすると、右手 人差し指の右クリックは、左手 人差し指のクリックになります。

ただ、僕は左手を動かすときに人差し指より、中指のほうが動かしやすかったのでそのままにしています。これで、「右手 人差し指の右クリック→左手 中指のクリック」となり、利き手でない左手にも関わらず不自由なく使うことができています。

まとめ

今回は、利き手でないほうでマウスをするメリットを紹介しました。僕は、最初はぎこちなくてマウスがあるのにキーボードを使っているということがありました。慣れたら、クリック、ドラッグをちゃんとできるようになるので便利なPCのある生活を試してみてください。

 

参考サイト


知ってる人はやってる…右利きなのにマウスが左にあるワケ - NAVER まとめ

 

マウス一つでここまで変わる・左手マウスのススメ→右手マウスからの脱却 | ボスネコの行けるときに行けって!